So-net無料ブログ作成

フランスの旅 ~その2~ [旅行(フランス)]

さて、いよいよ『モンサンミッシェル《Mont Sain Michel》』です!
今回の旅行の、一番のお目当て。
ずっと見てみたかった場所です。

シャルトルからバスに揺られること4時間。
なんとな~く海の気配がしてきたと思ったら…見えました!

110513-01.JPG

海に浮かぶ修道院、モンサンミッシェル。

元は、島の中央部分にちょこんと小さな修道院が作られたのだそうですが、
年々増築し、巡礼者のための宿泊施設が作られ…今のような形になったのだそうです。

モンサンミッシェルの『ミッシェル』というのは、大天使ミカエルのことだそうです。
ということで、てっぺんにミカエルさん。

110513-02.JPG

むむ、ちっちゃい。


島に入って一番最初に登場するのが、ラ・メール・プーラール《La Mere Poulard》

110513-03.JPG

昔のモンサンミッシェルは、今のような道路などもちろんなく、橋もなく、
海に浮かぶ完全な島だったそうです。
この辺りは干満の差が大きく、潮が満ちている時は5m程の深さの海なのに、
潮がひいたときは島まで砂浜が出現していました。
巡礼者達は、潮が引いた時を見計らって、砂浜を急いで渡って来たそうです。
ただ、干満の差がこれだけあると言うことは、潮の流れがとても早い、ということです。
潮が満ちはじめた!…と思ったら、みるみる水位が上がり、溺れてしまう人が沢山いたそうです。

島に一番近い海岸までやっとたどり着き、最後の最後にそんな危険を乗り越えて、
ようやくモンサンミッシェルにたどり着いた、疲れ果てた巡礼者たちのために、
島に住んでいたプーラール夫人が考案したオムレツが、この島の名物になっています。
少ない材料でも、ボリュームがあって暖かくて栄養価の高いものを、と
卵を独自の方法で泡立てて、たっぷりのバターで焼きあげたふわっふわのオムレツです。


プーラールおばさんのお店を通り過ぎ、数々のお土産屋さんを通り越し、
せっせと階段を上りに上って、修道院の中に入ります。

頑張って一番上の教会にたどり着くと、
ミカエルさんにもちょっと近づいた!

110513-04.JPG


教会の礼拝堂は、うまく撮れていませんが、こんな感じ。

110513-05.JPG

天井が高く、窓が多く、アーチの先端が尖っています。
ゴシック様式の建物だと言うことが分かります。


祭壇には、聖ミカエルの像がありました。

110513-06.JPG

エルサレムの方角を向いているそうです。


礼拝堂の隣には、食堂があります。
(これまたうまく撮れていませんが…)

110513-07.JPG

ここもアーチの先端が尖っています。
石造りなのに室内が明るいのは、柱の間が全て窓になっているから。
これもゴシック様式の特徴です。


食堂の隣には、なんと中庭!

110513-08.JPG

このお庭は天国を象徴しているそうですが、
実はメインはお庭ではなく周りの廊下。

110513-09.JPG

この廊下で修道士達が瞑想したり寛いだりしていたそうです。
柱のレリーフは一つ一つ違っていて、
それぞれのレリーフの意味を修道士たちが熟考していたそうです。
…それじゃあ寛げませんね…。

この廊下の柱、元々は色が付いていたそうです。

110513-10.JPG

なんだかカラフルで楽しそうな場所だったんですね。

その他にも、修道士たちのお勉強室や、巡礼者達の宿泊室などが並んでいました。
宿泊室は、一般の巡礼者と貴族や王族が泊る部屋が分かれていましたが、
王族が泊る部屋の上に、修道士達の部屋がありました。
修道士は王族より地位が高かったのだそうです。


さらにテクテク進むと、巨大な滑車が出現!
(これまた写りが悪いのですが…)

110513-11.JPG

直径2mを超える巨大な滑車に、太いロープが巻き付いています。
このロープの先は建物の外、海に向かって垂らされています。

110513-12.JPG

モンサンミッシェルは、19世紀の一時期、牢獄として使われていたそうです。
そのときに、外から運ばれてきた日用品などを引き上げるために、この滑車を使っていたそうです。
どうやって引き上げたのかと言うと…滑車の中に、6人の囚人が入り、
人力で滑車を回して荷物を上げ下げしていた、と。
2tまで搬入することができたそうです。囚人とはいえ、重労働だ…。


十分長くなってしまいましたが、まだまだモンサンミッシェルネタは続くのです。
続きはまた次回。


♪ 写真をクリックすると、少し拡大します ♪

[犬]ランキングに参加しています[猫]
  応援よろしくお願いします!
   人気ブログランキングへ

プーラールおばさんのオムレツ、頂いてきました!
島内のラ・メール・プーラールではなく、島の外のレストランでしたが…。

110513-13.JPG

ふわっふわでとろっとろでした。
味は薄めの塩味。
あっさりしていて美味しかったです。

ついでに、シードルもいただきました。

110513-14.JPG

この辺りは寒いので、ブドウがうまく育たず、美味しいワインができないのだそうです。
でも美味しいリンゴが育つのです。
ということで、リンゴの発泡酒、シードルもこの辺りの名物です。
美味しかった[揺れるハート]

nice!(17)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 17

コメント 10

えてるにゅうぱてしぇ

おはようございます
モンサンミッシェルは僕も行ってみたい所の
上位にある場所です
外観は良く見るんですが中はこんな感じに
なっているんですね(´∀`*)
by えてるにゅうぱてしぇ (2011-05-14 05:32) 

norori*

モンサンミッシェル、すご~いq(´>(∀)<`)p

当時は潮が引いた時に渡る、本当命がけですねぇっ
ふわふわのオムライス、とっても美味しそう^^

中の様子もとってもリアルで素敵です!!
いつか行ってみたいなぁ~♡

これらのお写真はペンタックスk-rで撮られたのですか?
とても綺麗なんですけど!!
単焦点レンズで?望遠側で?
by norori* (2011-05-14 06:38) 

hirosan

後が楽しみですね!お願いしますね。。
by hirosan (2011-05-14 12:44) 

にゃんこ先生

モンサンミッシェル!
行ってみたいです。
カメラOKなんですね。
旅日記♪楽しいです(^O^)/
by にゃんこ先生 (2011-05-14 23:45) 

mamalu

>えてるにゅうぱてしぇさん

いつもありがとうございます♪

モンサンミッシェル、期待通りの素晴らしいところでした。
周りの海も、昔の通りに戻ってくれるといいですね。

by mamalu (2011-05-15 01:34) 

mamalu

>norori*さん

いつもありがとうございます♪

モンサンミッシェルの写真はk-rで撮りました。
ズームレンズ(55-300)です。
ズームはそこそこ撮れるのですが、広角が撮れないので…
また新しいレンズが欲しくなっちゃいますね(笑)

by mamalu (2011-05-15 01:40) 

mamalu

>hirosanさん

いつもありがとうございます♪

とっても綺麗なところでした。
いろいろ撮ってきたのですが、うまく撮れていなかったり
どこだかわからなくなってしまったり…。
後半は夜景ばかりですが、綺麗でしたよ。
ぜひご覧くださいね。

by mamalu (2011-05-15 01:41) 

mamalu

>にゃんこ先生さん

いつもありがとうございます♪

モンサンミッシェルは、撮影もフラッシュもOKでした。
いっぱい写真を撮ってきたし、いろいろ話を聞いてきたのですが
うまくまとめられなくて…。
しばらくフランス旅行日記がつづきますが
のんびりお付き合いくださいませ(笑)
by mamalu (2011-05-15 01:43) 

ぶう

へぇぇ~!モンサンミシェルは知っていても、
中味は知らないことだらけでした(笑)
by ぶう (2011-05-15 01:44) 

mamalu

>ぶうさん

いつもありがとうございます♪

モンサンミッシェルの中に、
こんなにたくさん部屋があったなんでビックリでした。
でも人が住んでいるんですものね、いろいろありますよね。
中はひんやりしていて涼しかったのですが、
冬はさぞかし寒いでしょうねぇ…。
by mamalu (2011-05-15 15:09) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。