So-net無料ブログ作成

旅の思い出日記 ~アンコールワット:アンコール・ワット~ [旅行(カンボジア)]

2010年1月末に行ってきた、カンボジアはシェムリアップ、 アンコールワットの旅行日記です。

2010年1月25日 P.M.

昼食後、Angkor National Museumに行ってきました。
ここには、アンコール遺跡群から発掘された仏像や彫刻などが、
「クメール文明」「クメールの偉大な王」「宗教と信仰」
「アンコール・ワット」「アンコール・トム」「古代クメール人の装束や装飾品」
などのテーマごとに分けて展示されています。
日本語の音声ガイドがあるので、内容もバッチリ理解できます。
1時間半ほどかけてじっくり鑑賞してきました。


そして、いよいよアンコール・ワット(Angkor Wat)へ!

110804-01.jpg
美しい…!

アンコールは「都」、ワットは「寺院」という意味なのだそうです。
つまり、寺院の都。
12世紀の前半、スールヤヴァルマン二世という王様が造った、
ヒンドゥー教の寺院であり、都のシンボル的な存在だったそうです。

ヒンドゥー教三大神(シヴァ神、ヴィシュヌ神、ブラフマー神)のなかの、
とくにヴィシュヌ神を祀っているそうです。

第一回廊の壁は、上から下までレリーフが刻まれています。

110804-02.jpg

長~い回廊の壁一面、こんな感じで刻まれています。

よく見ると3層に分かれていて、
一番上は天国、真ん中は現世、一番下は地獄を表しています。

110804-03.jpg
こんなところに閻魔様。


第一回廊の内側にある建物の壁には、たくさんの女神の像が刻まれています。

110804-04.jpg

600とも800ともいわれている女神の像は、ひとつとして同じものが無いそうです。
表情やポーズ、衣装、アクセサリーなど、どこかが必ず違っているそうです。

この女神の衣装は、インドの影響を強く受けているのだとか。
言われてみれば、ネックレスやブレスレットなど、インドっぽいかも。

そんな女神の中でも特に人気なのが、このお方。

110804-05.jpg

人気の秘密は

110804-06.jpg
この笑顔。

歯を見せて笑っているのはこの1体だけだそうです。


建物内部の壁や天井には、一部色が残っているところがありました。

110804-07.jpg
昔は漆で彩られていたのだそうです。

この後も様々な彫刻やレリーフ、それにまつわる物語を教えてもらい、
王様のお風呂だったところ、僧侶の住まいだったところ、
塔の頂上などなど…あっという間に3時間ほどが過ぎてしまいました。

とにかくアンコール・ワットは、壮大で繊細な建物でした。


そうそう、第二回廊の内側を通って塔に向かっているとき、
ガイドさんが急に立ち止まり、ここに立って左手を上げて、と。
特に変わったレリーフや彫刻があるわけでもない、通路の隅っこです。

訳がわからないまま、言われたとおり手を上げてみたら…

110804-08.jpg
塔をなでなでさせてくれました。


そして翌朝。

頑張って早起きして、5時50分にホテルのロビーに集合。
向かった先は、またもアンコール・ワット。

アンコール・ワットのサンライズです。

110804-09.jpg

110804-10.jpg

110804-11.jpg

幻想的でとても綺麗でした。

春分の日と秋分の日は、中央塔の真後ろから太陽が昇るのだそうです。
アンコール・ワット自体が光り輝いて見えるのでしょうね。
綺麗だろうな~。

そんなこんなで、2日目に突入です。

2日目の午前中は、アンコール・トム。
シェムリアップの遺跡巡り、折り返し地点に到達です!



♪ 写真をクリックすると、少し拡大します ♪

[犬]ランキングに参加しています[猫]
  応援よろしくお願いします!
   人気ブログランキングへ
.
.

アンコール・ワットの前でココナッツジュースを売っていました。
ジュースをとったあとのココナッツの上に

110804-12.jpg
お猿さん。

せっせと実を食べていました。
ここのお猿さんたち、おとなしくて穏やかでした。

ココナッツの甘い実を堪能しているお猿さんに対抗して(?)
ワタクシたちはクッキーを購入。

110804-13.jpg
マダム・サチコのアンコールクッキー。

マダム・サチコ。
お名前から想像されるとおり、日本の方です。
店員さんはみんなカンボジアの方だったのですが、
みなさん接客がとても丁寧で、日本語がとても綺麗!
普段の自分の言葉づかいを、ちょっと反省してしまいました…。

nice!(39)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 39

コメント 4

norori*

600?800?女神の像?(;`Д´ノ)ノ
全部違うなんて、そこもまたすげぇ~~!!
一番人気の歯を見せて笑ってる像、なんとも可愛らしい♡

塔をナデナデ、、、いいねぇ~(人´З`)
ちょうど、そこのポジションに行くとアングルがそうなるのねぇ♡
楽しそうだわぁ~♪

アンコールワットの日の出すっごい素敵ぃo(●´ω`●)o
早起きした甲斐がありましたねぇ~♪

クッキー、美味しそう^^
外国人が丁寧な日本語使ってらっしゃると焦りますよねぇ~ゞ(>ε< )
分かります~~(汗
by norori* (2011-08-04 22:33) 

mamalu

>norori*さん

いつもありがとうございます♪

ガイドさん、良いポイントをよくご存じで。
さすがでしたよ~。

日の出は本当に綺麗でした。
1月はぎりぎり乾季なので、雨の心配もなくて、
真っ暗な空がだんだん白んで、完全に日が昇るまで
じっくり堪能してきました。

マダムサチコのお店の皆さん、正しい日本語を使いこなしていて…
弟子入りしたいくらいでした。
by mamalu (2011-08-04 22:47) 

Michy

ああ、いいですね、アンコールワット。
死ぬまでに一度は行ってみたいです。
塔をナデナデ♪
ガイドさんがいないと出来ない事ですね。
by Michy (2011-08-04 23:43) 

mamalu

>Michyさん

いつもありがとうございます♪

アンコールワット、とっても良かったですよ!
私は乾季に行ったので、雨にも蚊にも悩まされずに済みましたが、
ガイドさんのおススメは雨季だそうです。
緑と水がより豊かで、とても美しいと。

このほかにも、面白ショットをイロイロ撮ってくれました。
さすが、遺跡を知り尽くしているだけのことはあります。

by mamalu (2011-08-05 01:23) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。